預金残高は多いと安心ですが、多いほどいいというわけでもありません。

 

借り入れの多い会社が預金残高を多く持っているということは、不必要な借り入れをしてムダな金利を支払っているともいえます。

 

借り入れのない会社でも、余計な資金は金融商品で運用したり定期預金をすることで銀行からの信用を得るなどしたほうが良いといえます。

 

預金残高が多くても少なくてもダメというのは、こういう意味です。

決済に困ることのない金額で、適正な預金残高の把握に努めましょう。