設備投資には多額の資金が必要です。さらに水道光熱費や人件費といったランニングコストもかかります。

 

事業活動のなかで最も資金繰りを苦しくさせるのが、設備投資なのです。

 

ビジネスは有為転変が常ですから、設備投資がいつなんどき無価になるかもしれません。借り入れによる設備投資はリスクの塊です。

 

そこで、貸事務所を使ってみてはいかがでしょう。

店舗や営業所、工場も賃借でやっている会社は少なくありません。

 

設備をレンタルにすれば、資金繰りの改善に効果があります。