過剰な在庫は資金繰りを悪化させるにとどまりません。

 

通常、在庫は借り入れで調達しています。その在庫を販売して代金を回収しない限り 借り入れと同じであり、金利もかかっているのです。

 

在庫を抱えて”資金を寝かせている”よりも、その資金を有効に利用した方がいいことはいうまでもありません。

 

さらに、在庫には保管コストもかかっています。 倉庫代やその他の経費だけでなく、棚卸しの手間も、在庫が多ければそれだけ大変になります。

 

在庫は借金だと認識しておきましょう。