手形割引は、受取手形を期日前に銀行に買い取ってもらうことで融資を受けることをいいます。

 

つまり、手形割引は融資のひとつです。

 

手形を担保に銀行から借り入れをしているのと同じです。

もし、その受取手形が不渡りになったら、手形の振出人に代わって銀行に手形額面を支払わないといけなくなります。

 

あまり信用状態が良くない会社の場合、銀行から手形の割引を拒否されることもあります。

 

手形割引には通常なら融資枠が設けられています。

 

大きな額面の手形を一度に割り引いてしまうと、その手形が決済されるまでは新たに割り引いてもらうことができませんので、計画に行いましょう。