とくかく粘り強く銀行と交渉することです。
何度も交渉して、銀行に譲歩させたという人は少なからずいるのです。

 

一方的な金利の引き上げを要求されても、応じる必要はありません。
銀行の増し担保の要求も、また同様です。

 

期限前の繰り上げ返済の要求は、絶対に応じてはなりません。
いったい何のために期限の約定をしたのか分からなくなってしまいます。

 

審査期間が長期化したら、ただちに銀行の担当者を訪ねてください。


長期化の理由や審査状況を聞き取りしてください。万一のリスクヘッジとして、
他の金融機関を探したり、他の資金調達の手段を考えてみるのも手です。